お問合せ・お申込みはこちら

痔になる人、痔にならない人

どんな人が痔になるの?

痔は遺伝の要素が強いようです。
実際トメちゃんも母親が痔で、それはそれはものすごい痔でw
彼女は大腸癌で亡くなったのですが、大腸癌を見てくれた主治医も
「こんなに大きなもの(痔)は見たことがない!是非私に切らせてください!」と言ったほどw
そんな訳でトメちゃんも、トメちゃんのたった一人の姉もまんまと遺伝し。
うら若き10代から悩んでいました。
ところがトメちゃんの夫は、義父が痔なのに痔になりません。不思議です。
妬ましくもありますw
違いは何だろう?夫は便通が良いのでそこかもしれません。

どうして痔になるの?

遺伝要素が強いと書きましたが、他にも長時間トイレに座りっぱなしや体の冷え、ストレス、刺激物の飲食など生活習慣も原因の一つになります。
血流が悪くなると患部がうっ血したり、排便コントロールが思うようにいかなくなったりします。
特にトイレは1分を目安に出ると良いとされているようで、
便座に座りながら本を読んだりスマホをやるのは痔を育てているようなもの。
排便に時間がかかる人は、排便の波があると思いますのでもう少し出そうな時でも波がおさまってしまったら一旦トイレから出て、次の波を待つという方法もいいと思います。
硬すぎる便も柔らかすぎる(つまり下痢)便もよくありません。
どちらかと言えば、下痢をするくらいならまだ便秘の方がいいみたいですよ。
いずれにせよ痔主にとって排便コントロールは必須になります。

もしも痔になってしまったらどうすればいいの?

なるべく早く病院へ行くことです。
軽いうちなら飲み薬や塗り薬などで治癒します。
ただし痔になるのは体質のようなものなのでまた繰り返す可能性も常に持っています。
風邪にかからなくする薬がないのと同じです。
酷くなるとトメちゃんのように常に出血するようになり痛みで動けなくなります。
辛いですよ・・・。

こんなことになります↓(グロテスク注意)
https://ji-nu-shi.com/grotesque/

痔には種類があるの?

大きく分けていぼ痔、切れ痔、痔瘻(じろう)があります。
ポピュラーなのはいぼと切れです。注意が必要なのは痔瘻です。
詳しくはそれぞれをググっていただけたら専門的な事が色々とわかると思いますが、
トメちゃんはいぼ痔でした。しかも内痔、外痔ともにありました。
治療方法なども変わってきますので素人判断せずにまずは病院へ。

そうは言っても恥ずかしいんだけど・・・

軽いうちなら少しの通院で終わります。
痔は虫歯と同じで、基本的には放置していても治りません。
よっぽど生活を見直したら違うのかもしれませんが、おそらく軽度の痔のために生活習慣を変えたりはしないでしょう。
何事にも例外はあるでしょうが、放置しておくと悪化して通院に長くかかったり
最悪は手術ということにもなりかねません。
恥ずかしいのは一時です。是非、早めの受診をお勧めします。
それにね、待合にいる人たちもみんな同じだと思えばなんだかほっとしますよw
実際通っていた保険適用の病院は下手な内科よりも患者さんがたくさんいました。

痔っていつからあるの?

痔が成長するのにおよそ20年ほどかかるんだそうです。
そう言われてみればトメちゃんがお尻に違和感を感じたのも10代後半でした。
残念な事にトメちゃんの娘も多分痔体質です。見張りいぼがある気がするぅ!
なので私にも小さい頃から種?があったと計算してだいたいそのくらいに発症するのも頷けます。
という事は・・・
トメちゃんは手術をしてからのまた20年後あたりが危険信号ですw

ちなみに夫はトイレも長くて読書やスマホは当たり前、それなのに今のところお尻のトラブルはないそうです。
親が痔でも確実に遺伝するわけではないので夫はラッキーだったという事かな!


以上、痔になる人、痔にならない人でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました