お問合せ・お申込みはこちら

頑張りすぎないためのワーク

育児をしていると、頑張りすぎちゃうことってありませんか?

「私ばっかり頑張ってる!」という気持ちになったこと、ありませんか?
そんな気持ちになってしまったら、
一旦立ち止まってみましょう。
頑張りすぎているのは、なぜ?
誰かにやれって言われたから?
誰のためにそうしているの?
なんのためにそうしているの?
トメちゃんもついつい頑張りすぎちゃうんだあ。
それでつい「私ばっかり!」って噴火して、
家の中に居場所がないような寂しい気持ちになったりしてた。
まず、整理しようか!
ペンと紙を用意して書き出してみよう!
最初は目的ね。
何をしたいとか、どうしたいとか、どこに向かいたいのか等々。
書けたかな?
トメちゃんならそうだなぁ、
子供の笑顔が見たい。
旦那と笑っていたい。
自分の生活ペースはあまり乱したくない。
あたりかな?
そしたら次に、意図。
目的のためにはどうするかの部分。
笑顔を見るために共感してみる。
愚痴より笑い話を多めにしてみる。
先に時間と予定を伝えておく。
こんな感じかな?
最後は言動。
じゃあそのためにはどういった言葉掛けをするか。
娘の言っている事を繰り返してみる。
伝えたい話にオチをつけてみる。(愚痴を笑い話に変換)
自分の予定を伝えるときに押しきるのではなくて確認的な聞き方にしてみる。
こんな感じで出来たかな?どうかな?
書き出してみると、自分が結局のところどうしたかったのか、そして今はどうしていたのか等が見えてくることがあります。
うまく言葉が出てこなくてもいいよ。
やってみようと思った自分をまず誉めてあげてね。
頑張りすぎちゃうのは自分も周りも辛いこと。
でもその根っこには優しさがあって、
その優しさの出し方が少し違っているだけ。
私がこんなに頑張っているんだから、アンタ達も頑張ってよ!!じゃなくて(これトメちゃん(笑))
皆で頑張ろう!
手伝って!
私はこうしたいのだけどどうかな?
など、
目的を決めて、そこに行くにはどういう風に話しかけたら行けるかな?と明確にするととっても心が楽になるよ!。
頑張りすぎないワークを是非試してみてね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました