お問合せ・お申込みはこちら

大切なことが伝わる、お母さんの話し方

1分で大切なことを伝えるお母さんの話し方、という本を買いました。

子供が失敗してしまった時にどう話しかけるか、
あなたなら大丈夫、あなたは出来る、は逆効果、
ちゃんとしなさい、の「ちゃんと」は使わない、
言ってはいけない4つの言葉、

などなど、
他にもやってしまいがちな事や子供との向き合い方などが、とてもわかりやすく書いてありました。

例えば言ってはいけない4つの言葉は、

~しなさい、は親の意見の押しつけ
すごい!えらい!に頼りすぎない
~したら~してあげるは励ましにならない
いいからしなさい!は子供の心の窓を閉ざす

だそうですよ。
ぬを!気を付けねば!!
私もついきつく言ってしまう方なので。

この本の内容とは少し違うけど
これ↓結構気になってるんだよね…
旦那が子供によくやる事があるんです。
例えば本を指差して「標識はどれかな~?」

やってる事自体はいいんだけど、対象物の選び方がいつも疑問。

「標識」なんて教えた事あるの?教えてないものをどれかな?って言ったって答えられないよね?
答えられない質問ばかりじゃ可哀想だよ。
たまにはキリンはどれかな?とか、お花はどれかな?とか、わかる質問をしてあげなよ。

と、私は言うのだが、また日が変わると同じことをしている旦那…謎だわ。

うちはまだまだ言葉が出ないので会話は成立しないけど、この本を参考にして改めて娘と向き合ってみたい。

ほめるだけでも駄目みたいだし、何度も本を読んでイメトレしないとー。

だんだんと知恵がついてくると、隠すようになったり嘘でごまかすようになるから、その前に親子の絆を太く出来るといいなぁ。

コメント

  1. お茶屋 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おもしろそうな本ですね!
    私もエラい!すごい!結構言ってますね(´д`)
    なかなか言葉って治らないものだけど、子供が前向きになれるようや言葉がけしたいですよね。
    標識…何度も教えてあげたら、言葉のレパートリーに入ってきそうですね(笑)

  2. みゅう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    その本、読んでみたい。でも、幼児には
    1分って、長いなぁ(^◇^;)
    20秒くらいにならないかな?あはは。
    要求しすぎ笑

  3. SECRET: 0
    PASS:
    子供からの質問にどう答える?等、とてもわかりやすい説明があり、実際に経験するものが多かったので買って良かったです。
    標識ね(笑)まず教えてから質問してくれ、っていつも思う(;^_^A

  4. SECRET: 0
    PASS:
    この本の対象年齢は2歳よりもう少し上ですね(^^;)
    1分は短すぎても長すぎても適切ではないと書かれていますね。
    子供にもわかるように、かつくどくならないように、1分なんだそうです。
    あくまで目安ですけど(^^)

タイトルとURLをコピーしました