お問合せ・お申込みはこちら

執着を手離しておおらかに生きよう

子育ては執着を手離す練習だ。

私自身、色々な物に執着していたと思う。
例えば「壁」
子供が落書きをしたらイライラしたし、怒り狂ったこともある。
例えば「床」
同じように、落書きで(笑)
それから「ラグ」
お察しの通り、らくが(以下略)
家が汚れていくことは、私と旦那の城が侵略されていくような、そんな嫌な気持ちになった。
だから必死で抵抗したし、怒りがおさまらない時もあった。
でもあとから考えたら、
汚れたら拭けばいい。拭いてとれなくても大きな害はない。
床の落書き。壁の汚れ。それがあったら何なんだろう。来客への見た目がちょっと悪いだけ。
むしろ子育て住宅あるあるだと懐かしんでもらえるかもしれない。
そして私は城の侵略という気持ちを手離した。
食べこぼしはこれとはちょっと違う。
不衛生だし虫が来る。
でも落書きよりは落とせるから。
落ちないけど害のない傷と、
害はあるけど落とせる傷。
なぁんだ、大したことないじゃん。
と、思えるようになった。
そうやって一個ずつ、こだわりとか執着をゆるめていく。
それは自分のためになる。
トゲトゲする気持ちもゆるんでいく。
人生の中の、最大の執着は、子供かなって思う。
楽に子離れできるように、執着をゆるめる練習を日々している。
そして昨日。
私が大切にしていた手編みのくじら。
これはくじらのキーホルダーを販売するときの販促品として作った、非売品なんだけど。

娘がこれを泣いて欲しがってねぇ。
困ったものです。
売り上げに繋がると思うと手離すのを嫌がる自分がいた。
でもこれも、
あんまり泣くから、折れました(^^;)
大切にしてよね!
これも執着を一つ手離したことになるのかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました