お問合せ・お申込みはこちら

久々に病院ネタ。緑内障の疑い。

今日は緑内障についてです。
緑内障と言うのは目の病気で、今の医学では治せません。
視野が欠けていき、最悪の場合は失明に至るようです。
急性と慢性があり、
「えっ?ちょっといきなり電気消さないでよ!」
「えっ?電気ついてるけど…」
これは急性と思われます。怖い((( ;゚Д゚)))

長くなりますので、緑内障にまだ興味の無い方はスルーしてくださって良いですよ(^-^)

さて、トメちゃんも。
10年以上前かな?
全く別の件で眼科に行ったら、それは何ともなかったんだけど緑内障の疑いがあるから精密検査を受けてくださいと言われ帰ってきました。

緑内障…私が緑内障…?

たまたま近所に有名(らしい)な眼科があり、そこで検査をしてもらいました。
色々検査したけど、メインの検査は視野の欠損がないかどうか。
その時はまだ今より若かったこともあって視野の欠損は見られず、経過観察で終わりました。
と言うのも、私は近視なのですが、近視と緑内障はどちらも視神経が細くなるという共通の症状が出るんですね。

緑内障が疑われる一つに視神経の異常があって精密検査に行かされたのですが、その時の検査では近視のせいなのか緑内障のせいなのか、視野の欠損がまだなかったので判別がつかなかったわけです。

さて、それからおよそ10年が経ち。
2週間くらい前から目の痒みがあって、いい加減辛くなってきたので久し振りに眼科に行ったんです。
そうしたら、また今回も。
痒みは何ともないけど緑内障の疑いがあるから視野の検査を受けてくださいと。

以前にも言われて検査を受けたことがあると伝えたら、
当時は無かった医学の進歩がありました。

それは厚みが調べられるようになったこと。
緑内障の症状の一つとして網膜だか角膜だかが不均等に薄くなるらしいのです。
加齢により薄くなる場合は均一に薄くなるそうで。
で、厚みを調べたら、確かに確かに。
素人目に見てもこれはヤバそうな気がしました。
そしてトメちゃんは両眼でした。
人によって片眼も両眼もあるそうです。
来週どこか時間を見つけて視野の検査をしてきます。

最初に言った通り、緑内障は治せません。
しかし、早期に発見をして治療を開始すれば、進行を遅らせることは可能です。

子育てジャンルに登録している通り、トメちゃんにも愛する我が子がいます。
毎日イライラして、産まなきゃ良かった!!と思うことも多々ありますが、
娘の成長、そして孫までも、もちろん見たいと願っています。

緑内障で見えなくなる日が来ないといいなと、ボンヤリ神様にお願いしたりしています。

緑内障の治療は、視野の欠損が認められた時からスタートするんだそうです。
40代の20人に一人は緑内障なんて事もネット上には書いてありました。
眼科に行く機会のない人も多いと思いますので、一度眼底写真を撮ってみることをお勧めしますよ。

コメント

  1. みゅう より:

    SECRET: 0
    PASS:
    びっくりしました。
    トメさんの気持ちは落ち着いてますか?
    早期発見で良かったですよね?!
    私はコンタクトなので、定期的に眼科には行ってるのですが、緑内障は定期的に通院してれば、医者に言われない限り大丈夫ですか?!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます(*^^*)
    大丈夫、落ち着いていますよ!
    精密検査前なのでまだ疑いの段階なのと、全然見えているので実感がないです。
    みゅうさんの通っている眼科で、眼底は見てますか?
    心配なら、一度聞いてみるといいですよ(^-^)
    その病院で検査をするときに「この検査で緑内障かどうかもわかるんですか?」と。
    まぁ私も2回とも、頼んでもいないのに言われたので眼科として眼底を見るのは基本項目なのかもしれませんが(^-^)

タイトルとURLをコピーしました